iOS 7の新機能

先月、WWDCと呼ばれるApple社の新製品を開発者向けにプレオープンするイベントが行われました。
このイベントは毎年行われており、かつてはiPhone 3GやiPhone 4を紹介していましたが、近年では別のApple製品を取り扱うようになりました。(iPhoneは単独でお披露目イベントを行うようになったため)
WWDC2013ではiPhone 5Sへ実装されることがほぼ確定しいるiOS 7のベータ版が公開され、ビッグニュースとして話題になっています。
新しいiOS 7には無数の機能があり、WWDCの場においては「既存のiOSとは一線を画する」とまで言われたくらいに機能が変わっていることが特徴です。
しかし、全ての新機能の情報が公開されたわけではなく、あくまで基調講演のスライドで流れた部分しか判明していません。
そのiOS 7の新機能を現段階で判明している分、紹介します。

・コントロールセンターの追加
iPhone画面を下から上にスワイプすることで表れる。
Wi-Fi切り替え、Do Not Disturb(おやすみモード)、輝度調整、音楽再生、Air Play等の機能をこのタスクで行えるようになります。

・戻るボタンを押さなくてもスワイプで画面切り替え

・アプリフォルダの収納量が無制限に

・共有メニューの改善
共有メニューにアプリや他のiPhoneユーザーに関するリストが表示するように変更

・デザインの変更

・マルチタスクに待機中のアプリ表示

・Siriに音声オプション機能追加

・Siriにコントロール機能追加

・背景を変更するとデザインメニューのカラーも自動で変更

・最新のカメラフィルタ追加

・撮影場所ごとに写真の自動ソート

・写真アプリのサムネイルをタップすることによる検索機能追加

・iCloudに動画共有機能追加

・iCloudの共有画面をFB風に変更

・セキュリティ機能強化

・iCloud Keychain
すべてのiOS 7を搭載したデバイスでPW、クレジットカード情報、Wi-Fiネットワークの共有

・iTunes Radio搭載
iTunes RadioとはSiriでコントロールできる新しい音楽再生ツールです

・Safariのデザイン変更

・Safariのタブ表示が1度に8つまでに

・ロック画面から通知センターにアクセス可能

・他のiOSデバイス間で通知の同期可能

・Today Mode搭載
通知センターにその日の天気、予定、情報をすべて表示する新機能です

・アプリ更新がスマートに
複数アプリのバッジ化やWi-Fiの選択が可能になったことでアプリの更新をグループごとにできるように

・アプリの自動アップデート

・Air Drop
特定のサービスやWi-Fiを共有していなくても、近くのiPhoneやiPadとコンテンツ共有可能にする新機能です

・Safariでのリンク共有

・現在地に関連するアプリの紹介

・エンタープライズ・シングル・サインオンのサポート開始

・SiriにWikipedia、Bing、Twitterの検索機能追加

・外部の天気アプリを用いずとも天気の詳細を閲覧可能

・iCarの統合
ダッシュボードのAir PlayからiPhoneに接続可能に

・通話・メッセージ・FaceTimeにブロック機能追加

・高音質にすることができるFaceTime Audio機能追加

・iPhone内ゲームを快適にするゲームコントローラーサポート機能追加

・毎秒60フレームの動画キャプチャ

・ペアレントコントロール(機能制限)の強化

・iPhoneにApple Mapsを送信可能

・通知更新の待ち時間を解消

・予定場所の天気や地図も表示するスマートカレンダー機能追加

・App Storeに子供向けアプリ紹介のキッズセレクション追加

・アプリごとにVPN設定可能

・マップにブックマーク機能追加

・Spotlight検索に素早くアクセス可能

・マップ用のナイトモード搭載

・ウォーキング向けナビゲーション搭載

以上の機能がiOS 7には追加される予定です。
勿論、これはあくまでもWWDCで判明した情報のみで、これ以外にも多数の新機能があることは確定事項なので続報に期待しましょう。